メルヴィータのアルガンオイルで乾燥肌改善!髪にも使える万能オイル

メルヴィータ ビオオイルアルガンオイル

空気が乾燥する季節になると、しっかりと保湿していても肌がカサカサ・ヒリヒリつっぱり感を感じてしまう乾燥肌さんは多いのではないでしょうか?

そんなときこそ、普段のスキンケアにプラスワン!オイル美容を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ということで今回は、美容オイルとして人気が高いメルヴィータの「ビオオイル アルガンオイル」を紹介します。

肌をやわらかくしキメを整え、ふっくらとしたモチモチの肌へと導きます。肌の水分を逃さないため、乾燥を感じることがありません。さらにパサつく髪の毛にも使える、万能オイルとなっています。

スポンサーリンク
レクタングル大

メルヴィータ アルガンオイルの特長

メルヴィータ ビオオイルアルガンオイル

商品名・・・
ビオオイル アルガンオイル
3,500円(税抜)/ 50ml

ビオオイル アルガンオイルは、メルヴィータのベストセラーアイテムです。洗顔後すぐに使う、ブースターオイルとです。

モロッコの乾燥地帯に生息する「アルガン」の木から取れるオイル。オレイン酸、リノール酸やステロールなどの美肌成分が配合されているため、肌のキメを整え、ふっくらとした肌に導きます。

アルガンオイルは、オイルでありながらも肌なじみがよく、栄養が豊富なためエイジングケアとしても効果があります。オイル焼けの心配が少なく、いつでも使える美容オイルです。

容器もプッシュ式で使いやすく、衛生的にも安心できますね。

オーガニック認証コスメブランド

メルヴィータはロクシタングループで、フランス発のオーガニック認証コスメブランドです。

アルガンオイルは希少なオイルのため、ニセモノが出回ることがあるようですが、オーガニック認証を受けた、100%オーガニック成分でできた信頼できるブランドですよ。

着色料や防腐剤などの化学物質を使っていないため、敏感肌でも安心できるアイテムです。

香りやテクスチャー

オイル特有の匂いを感じます。この匂いに好き嫌いが分かれると感じています。慣れれば大丈夫ですが、オイルっぽさは変わらず感じます。

テクスチャーは少しトロッとしていますが、オイルにしてはベタつきが少なく肌に浸透し、いつまでもベタベタしません。


メルヴィータ アルガンオイルの使い方

洗顔後、化粧水をつける前のブースターとして使用できます。1プッシュを手のひらに取り、乾燥が気になるところを中心に塗ります。

アルガンオイルをつけた後に、化粧水をつけると浸透力があがり、肌の奥まできちんと水分を補給することができます。

アルガンオイルをブースターの役割として使用できますが、化粧水をつけたあとに重ね塗りすれば、さらに効果があがりますよ。

  1. 洗顔
  2. アルガンオイル
  3. 化粧水
  4. アルガンオイル

顔のほかにも、髪の毛や体など全身に使うことができます。乾燥を感じたときに、いつでも使えるのが魅力のひとつです。

メルヴィータ アルガンオイルの感想・効果

メルヴィータ ビオオイルアルガンオイル

エトヴォスのアルガンオイルを使っていたので、その効果は肌で感じていました。少量で肌をやわらかくし、化粧水の浸透を助ける役割をしっかりと果たしてくれます。

肌がモチモチになり、心なしか毛穴も減ったような。アイクリームを切らしてしまい、使ってないにも関わらず、まぶたのハリを保っているのもアルガンオイルのおかげでしょう。

うんうん、エイジング効果も期待できますね!栄養を肌がちゃあんと吸収している感じがします。

お風呂上がりにすぐアルガンオイルをつけることで、顔よりも先にボディケアに専念することができ、顔も体も完璧に保湿することができます。

また、髪の毛にもメルヴィータのアルガンオイルを使うことで、ドライヤーの熱からも髪を守りながら乾かせています。乾いたあとのパサつきがありません。

ハリのあるパリっとした顔を維持するために、ずっと使い続けたいと思えるオイルですね。

乾燥肌には逆効果?

オイルは逆に乾燥しやすい、というようなことを聞いたり、ネットで見たことがあります。オイルを使うことにより、肌がうるおったと錯覚してしまうことが原因かと思います。

アルガンオイルで肌をやわらかくし、化粧水の浸透を高める効果はあるため、化粧水の量を減らすことなく、いつもどおりのスキンケアをすることで肌のうるおいを保ちましょう。

わたしは夏に乾燥を感じていましたが、メルヴィータのアルガンオイル・化粧水・ヒト型セラミド入り美容液・ヒト型セラミド入りクリームを使うようになって、まったく乾燥しなくなりました!

手足はカサカサしているのに、顔は朝も昼も夜もうるおっていますよ。今のスキンケアのラインは最強です。

デメリット

  • ニキビができる場合も
  • 匂いが臭く感じるかも
  • 皮膜感を感じる

アルガンオイルは、合わないとニキビができやすいと言われています。わたしも使っていてニキビができてしまいましたが、すぐに治ったので単なるチョコの食べ過ぎでした(笑)

油の匂いがガマンできない人もいるようです。確かに臭いですが慣れます。

皮膜感も慣れれば問題なくなります。わたしの場合は皮膜感よりも乾燥を感じることのほうが苦痛ですね。

まとめ・評価

化粧水の浸透力を高め、肌の奥まで水分を届ける効果があるメルヴィータのビオオイル アルガンオイル。匂いや皮膜感に苦手と感じるかもしれませんが、その効果には期待していいでしょう。

1日乾燥知らずで過ごすために、アルガンオイルを使い、スキンケアをいつも通りしっかり行うことでモチモチの肌になれますよ。

エイジング効果にも期待できるため、特に乾燥肌の方はスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

まめこ
わたしの評価は・・・【★★★★☆
コレのおかげで、顔も体も乾燥してません
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

関連ユニット
トップへ戻る