ダブルウェアのパウダーファンデ!乾燥肌も使える?使い方や感想紹介

ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ N

崩れにくいファンデといえば、エスティローダーのダブルウェアが人気ですが、そんなダブルウェアから、パウダーファンデーションが出ているのはご存知でしょうか?

リキッドタイプと同じく、崩れにくくカバー力のあるファンデなのか、気になるところですよね。

そのダブルウェアのパウダーファンデーションが、2018年9月にリニューアルして新発売、という情報を手に入れたので、さっそく購入してみました。

今回紹介するのは、エスティローダーのパウダーファンデーション「ダブルウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップN」です。

結論としては、ダブルウェアのリキッドタイプと比べて、ナチュラルな仕上がりになること。そして同じように崩れにくく、さらに乾燥も感じにくいという好みのファンデーションでした。

ダブルウェアほどのカバー力は求めておらず、崩れにくいパウダーファンデーションを探している方にピッタリな印象を持ちました。

スポンサーリンク
レクタングル大

ダブルウェア ステイ イン プレイス パウダーの特長

ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ N

商品名・・・
ダブルウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ N

5,700円(税抜)/ SPF30 PA+++

※コンパクト別売(1,300円)

軽い感触で、なめらかなパウダーが肌にしっとりとフィットし、溶け込むようになじみながら、ピタッと密着します。

スキンケア成分を配合しており、パウダーでありながら高い保湿効果をもたらします。しっとりとしたパウダーが肌を心地よく快適に保ち、美肌へと導きます。

また、ジェル状のパウダーを配合することで、過剰な皮脂や汗を吸着し、テカリを抑え、くすみを防止することができます。ダブルウェアならではのキープ力を装備したパウダーファンデーションです。

SPF30 PA+++にパワーアップし、紫外線防御効果も十分期待できます。重ね塗りしても厚ぼったさがなく、美しい肌を長時間キープします。

コンパクトを合わせるとやや値が張りますが、ダブルウェアの効果に、メイン使いもでき、化粧直しにも活躍するパウダーと考えるとコスパは良く感じますね。

香りや質感

香りは特に感じず、化粧品特有の匂いもわたしにはわかりませんでした。リキッドのダブルウェアは、少しペンキっぽい匂いがしますが、パウダーはその点、とっても使いやすいです。

パウダーの質感はさらさらであり、しっとりとした肌ざわりです。特長通り、粉っぽさが少なく乾燥肌でも使いやすいですね。

ただやはり、リキッドと比べると乾燥しやすいそうですが、スキンケアでしっかりと保湿していれば、日中の乾燥を感じずに済んでいますよ。

乾燥肌のスキンケアは、ヒト型セラミド配合のものがオススメです。このブログでたくさん紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

色選び

ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ N

画像:阪急ビューティー公式サイトより

パウダーファンデーションは全6色となっており、リキッドのダブルウェアよりは少なくなっています。

リキッドと同じ名前の色味がありますが、番号が違っているため注意が必要です。例えば、わたしはクールバニラを購入しましたが、リキッドだと62番、パウダーだと63番となっていました。

また、リキッドの標準色であるサンドが、パウダーファンデーションにはありませんでした。色選びが難しく感じるようでしたら、美容部員の方に選んでもらうと間違いないですね。

ダブルウェア ステイ イン プレイス パウダーの使い方

パウダーファンデーションといえば、お直し用にと考えている方も多いと思いますが、ダブルウェアのパウダーファンデは、主役になれるアイテムです。

これだけでも、きちんと感が出て、ツヤ感のある程よいセミマット肌になれます。もちろん毛穴やくすみをカバーし、崩れにくい。ナチュラルメイク派であるわたしは、リキッドよりも気に入っています。

そして完璧なカバー力を求める方には、リキッドダブルウェア+パウダーファンデがおすすめです。かなり強力なマット肌を演出してくれますよ。

ブラシを使う

ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ N

ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ N

ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ N

ブラシ推奨のパウダーファンデのようです。そこでオススメなのが、写真のように毛先が短く揃っているブラシです。有名な資生堂131のようなブラシを使えば、透明感のある肌を作ることができます。

  1. ブラシにパウダーを含む
  2. 手の甲やティッシュで粉を均一にする
  3. 頬などカバーする箇所にトントンと塗る
  4. おでこ・鼻・あごなどになじませる
  5. フェイスラインは外側に向かって塗る

これだけで、とても簡単に陶器肌を作れますよ。パフやスポンジよりも、こういったブラシを活用することで、感動的な仕上がりになります。

肌の赤みが気になる場合などは、必要に応じてコンシーラーを重ねましょう。

ダブルウェア パウダーファンデを乾燥肌が使った感想

リキッドのダブルウェアの、崩れにくくカバー力が高い点が、メリットでありデメリットにも感じています。

崩れにくいということは乾燥しやすいということ、そしてナチュラルメイク派のわたしは、もう少し自然なカバー力を求めていることから、パウダーのダブルウェアがあると知り、飛びついてしまいました。

リキッドのほうが乾燥しにくいと聞きましたが、パウダーであってもしっとりした粉で、まったく乾燥せずに過ごせています。そして毛穴落ちや崩れることもありません。

求めていたナチュラルなカバー力も気に入っています。わたしは主に、朝のベースメイク用として使っていますが、メイク直しとして持ち歩いている方も多いようですね。

ダブルウェア パウダーと相性の良い下地は?

これはやはり、間違いなく保湿系の下地と言えます。理由は乾燥肌だからです。しっとりとしているとは言え、乾燥しやすいパウダーと相性が良いのは保湿下地です。

肌質が違う方でも、保湿は大切です。リキッドのダブルウェアと相性が良い下地を紹介しているので、参考にしてみてください。

そしてやはり相性が良いと感じたのが、ダブルウェア専用の化粧下地です。こちらはリキッドのダブルウェア用として購入してみましたが、パウダーファンデーションとも相性抜群ですね。

崩れにくさを最大限に発揮しながらも乾燥しません。今いちばんオススメな化粧下地ですよ。

ダブルウェア専用下地が登場!夏に大活躍で乾燥肌もOKな下地は?
崩れない、テカらない、カバー力が高い!などの理由から、大人気のファンデーション「ダブルウェア」これから暑い時期にはさらに大活躍するファンデで、これから初めて挑戦する方もいらっしゃるかと思います。下地は必要なのか、どんな下地が合うのか悩みませんか?

デメリット

  • 色選びが難しい
  • カバー力は高め
  • 可もなく不可もなし

色選びが少し難しい印象です。わたしはカウンターでいつもの色を購入しましたが、リキッドとパウダーは微妙に色味が違うように感じます。はじめての購入や心配な方は、店舗での購入がいいと思います。

リキッドタイプよりはナチュラルに仕上がるとは言え、そこはダブルウェア。わりとカバー力があります。素肌感のあるメイクがしたい方には不向きです。

可もなく不可もなくといった意見もあります。特にこのパウダーでなければ、というような魅力はないというクチコミがありますね。

まとめ・評価

大人気ファンデであるダブルウェアから、リニューアルして発売された「ダブルウェア モイスチャー ステイ イン プレイス パウダー メークアップ N」

崩れにくさは残し、リキッドよりも控えめなカバー力でありながら、美しい肌を演出してくれます。

今まで、リキッドは塗り方が難しいし、カバー力が高すぎる。肌への圧迫感も感じるし苦手、と思っていた方に是非使ってみてほしいファンデーションです。

まめこ
わたしの評価は・・・【★★★★☆
乾燥しないし程よいカバー力がGOOD
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

関連ユニット
トップへ戻る