UV乳液で透明感な肌を!雪肌精のホワイトUVエマルジョンの効果

雪肌精ホワイト UV エマルジョン

UVケアって面倒くさいと思いませんか?スキンケアして、日焼け止め塗って、化粧下地して…と忙しい朝にメイクをするまでの準備もたいへんですよね。どれか1つでも、これらの行程を飛ばすことができれば時間に余裕ができると思います。

しかし紫外線がいちばん多いこの時期には、きちんと紫外線対策しておかないとシミやソバカスといったトラブルの元になってしまいます。

そこで、最近CMでよく見かける雪肌精の朝用乳液を購入してみましたので、使用感などレビューしたいと思います。

雪肌精の朝用乳液「ホワイト UV エマルジョン」を使うことによって、しっかりとUVケアができ、しかも時短、とかなり助けられています。

朝は忙しく、肌のお手入れに時間をかけたくないと思っている人は、このUV乳液を取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大

ホワイト UV エマルジョンの特長

雪肌精ホワイト UV エマルジョン

商品名:雪肌精 ホワイト UV エマルジョン [医薬部外品]
価格:3,024円(税込) / 35g SPF50+/PA++++

乳液でありながら、現在の最高値の日焼け止めであり、化粧下地の効果もある多機能なアイテムです。日焼け止めは乾燥しやすため、保湿しながらUVケアできるのはうれしいですよね。

美白有効成分トラネキサム酸が配合されており、シミやソバカスを防ぐ美白効果もある乳液で、今の時期には取り入れたいもののひとつです。

とはいえ、美白アイテムは年中使用したほうが効果的ですので、継続して使うことで透明感のある肌を手に入れましょう。

和漢植物エキスが配合されていることで、透明感をアップさせ皮脂くずれを防ぎ、化粧持ちが続く効果があるようです。雪肌精シリーズの香りがするので好きな人はうれしいと思います。

チューブタイプで出し口が細くなっているため、量の調節がしやすく衛生的に使えますし、持ち運びにも便利ですよ。

ホワイト UV エマルジョンを使ってみて

雪肌精ホワイト UV エマルジョン

朝の乳液をこのホワイト UV エマルジョンに変更し、日焼け止め・化粧下地を省くことでかなりの時短になりました。

日焼け止めを省いたからといっても、日焼けしている感じはないため、紫外線対策はできているのではないでしょうか。

白い乳液で日焼け止め効果もあるとなると、顔が白くなってしまうかと思いましたが、白浮きすることがなく、肌の色がほとんど変わりません。ファンデーションを重ねても白くなりすぎないので、とても使いやすいですね。

気になっていた香りも、塗るときは少し強く香りますが、日中気になって不快になることはありません。ただ少し日焼け止めのような感じの香りがして、わたしはあまり好きな香りではないです。

ホワイト UV エマルジョンの使い方

通常のスキンケアの乳液代わりとして使えます。日焼け止め・化粧下地の効果も備えているため、このホワイト UV エマルジョンを塗ったすぐあとに、ファンデーションなどメイクできますよ。

使用量は写真の2.5倍くらいの量を使っています。日焼け止めは適量を塗らないと効果が薄いと聞きますよね。

もったいないからと少量塗っていては、日焼け止めの効果を得られなくなることもあります。逆に、塗りすぎてしまうとお肌とうまく密着せずに汗などで流れてしまうこともあります。
適量は日焼け止めのタイプにより変わりますが、ミルクタイプは500円玉大、クリームタイプはもう少し少ない量を目安にとり、お肌全体に行き渡るようにしましょう。

出典:大人のスキンケア教室

乳液ですが、クリームタイプの日焼け止めと似ているので、500円玉より少し少ない量が適量ではないかと思います。焼けやすい頬骨を中心に、あごのラインまで丁寧に塗り紫外線を防止しましょう。

乾燥肌には物足りない

保湿に関してはやや物足りなさがあります。保湿効果のある和漢植物エキスが配合されているものの、初めて使用したときは乾燥を感じました。

日焼け止めや化粧下地の役割も兼ねているので、通常の乳液よりは保湿力が少ないのかもしれませんね。

乾燥肌の人は、スキンケアは怠らずにしっかりと保湿したほうがいいです。時短にはなりませんが、わたしはこのUV乳液を使ったあとにクリームを使うときもありますよ。

ヒト型セラミド配合で乾燥知らず!エトヴォスの保湿クリームの効果
エトヴォスの保湿ケアアイテム「モイスチャライジングクリーム」は乾燥肌にうれしい成分が配合されており、低刺激処方で敏感肌の人にも使いやすいクリームとなっています。塗った直後は多少ベタつくものの、時間がたってもモチモチな肌を継続し、肌がしっかり保湿されているのを実感します。

セラミド配合のクリームを使えば、乾燥を感じることがありません。日中も保湿をしているため、このUV乳液による乾燥は影響ないですね。

乾燥肌の必需品!化粧直しの保湿にも最適なイプサのスティック美容液
日中の乾燥対策として、保湿アイテムを使っている人は多いと思いますが、本当にそれで満足していますか?例えば保湿ミスト。シュッと一吹きで簡単に保湿できますが、ムラになりやすく、狙ったところをうまく保湿できないというデメリットがあります。

肌がキレイになり化粧ノリUP

このUV乳液は柔らかすぎず固すぎずのテクスチャーで、のびがよく肌になじみます。肌を白くするわけではないのに、透明感がアップしキレイな肌になりますよ。

塗ったあとは肌にフィットしていてサラっとした手触りになり、ファンデーションのノリが良くなります。

ピタッと肌に馴染むためか、化粧崩れが気になりません。夕方になると多少テカリはあるものの、大きく崩れることがないので、夏向けの乳液だと思います。

デメリット

  • 時短が裏目に(乾燥する)
  • 匂いが強い

保湿成分が入っているものの、乾燥しやすいため、スキンケアを怠らずしっかりとしたほうがいいです。日焼け止めと化粧下地の効果がある乳液、というのが最大の特長であるにも関わらず乾燥しやすいのです。

乾燥肌の人は通常のスキンケアを行ったほうが無難です。わたしは肌の調子をみて、クリームを足したり、日中の保湿をしているので乾燥はそれほど感じませんが、要注意です。

雪肌精シリーズの香りはずっと続く香りではないですが、つけるときは匂いが強く感じます。香りがついた化粧品が苦手な人はキツイと思いますね。

まとめ

日焼け止めと化粧下地の効果がある乳液で、朝のスキンケアがとても楽になりました。肌にピタッと馴染むため、次のファンデーションのノリが良くなり、化粧崩れも気にならなくなりました。

しかし乾燥肌には乾燥を感じやすいため、時短にはなりませんが通常のスキンケアが必要です。面倒ですが保湿をきちんとやっておけば、日中の乾燥も緩和しますよ。

乾燥はしやすいとはいえ、透明感がアップし肌がキレイに見える効果はとてもうれしいですよね。年中継続的に使用し、シミやソバカスがない透き通った肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

関連ユニット
トップへ戻る