コスメデコルテの下地は夏に最適!ラクチュールで乾燥崩れしない肌へ

ラクチュール モイスチュアライジング ベース メイク

まめこ(@cgomameko)です。

 

乾燥肌の場合、夏でも乾燥を感じることがありませんか?

空調の効いた室内で乾燥するし、汗をかくことでうるおいが奪われることがあります。

なので夏はメイクを崩さず、うるおいを持続させるための土台づくりが大切です。

 

手っ取り早いのは、化粧下地を見直すことですよ。

ということで今回は、コスメデコルテの化粧下地「ラクチュール モイスチュアライジング ベース」を紹介します。

正直、誰もが使っているような人気下地ではなく、パッと見では魅力的に感じませんでした。

 

なんというか、地味・・・(笑)

だけど乾燥肌の夏の下地として使いやすい。

ラクチュール モイスチュアライジング ベースは、縁の下の力持ち的な下地という印象を受けましたよ。

 

こんな方にオススメ

  • 乾燥肌
  • 乾燥崩れを防ぎたい
  • ナチュラルメイク派
スポンサーリンク

コスメデコルテ下地 モイスチュアライジング ベースの特長

ラクチュール モイスチュアライジング ベース

名前 ラクチュール モイスチュアライジング ベース

価格 3,500円(税抜)

効果 SPF20 PA++

コスメデコルテのラクチュールシリーズの下地で、みずみずしくうるおいが続きます。

 

乾燥や小ジワが気になる肌を、しっとりととのえる化粧下地。
しなやかな質感が持続するスキンケア処方です。

出典:コスメデコルテ公式サイトより

 

SPF20 PA++の紫外線防御効果で、日常生活なら問題なく紫外線から肌を守ることができます。

チューブタイプで衛生的ですね。

量の調節は難しいですが、軽くて持ち運びに便利ですよ。

香りやテクスチャー

ラクチュール モイスチュアライジング ベース

香り

爽やかなウッディのような香りです。

悪くいえば、よくある入浴剤のような匂いかな~とも感じますが、リフレッシュできるので気に入っています。

香り自体はあまり強く感じませんが、しばらく香り続けるので苦手な方がいるかも。

 

テクスチャー

ゆるい乳液のようなテクスチャーで、やわらかく伸ばしやすいです。

伸ばしやすいですが、途中で重さが出て粘着性を感じますね。

ファンデを肌にしっかりと密着してくれる下地です。

ラクチュール下地の選び方

ラクチュールシリーズがコスメデコルテの中でいちばん下地の量が多く、選ぶのに悩んでしまいました。

わたしは店舗で美容部員さんに相談して購入しましたが、オンラインで購入する場合は不安だと思います。

なので、ざっくりですがラクチュールの下地の選び方を紹介しますね。

 

乾燥肌

  • モイスチュアライジング ベース

 

乾燥肌・カバー力重視

  • カバリング ベースBB

 

毛穴カバー重視

  • スムージング ベース

 

ツヤ肌重視

  • ブライトニング ベース

 

強力なUVカット・崩なさ重視

  • ラスティング ベースUV

美容部員さんが、こんな感じですよーとおしえてくださいました。

 

乾燥肌にはやっぱり今回紹介している、ラクチュール モイスチュアライジング ベースが良いと思います。

だけど毛穴が気になるっていう方多いですよね。

そんなときは、スムージングベースを合わせて使っても大丈夫です。

 

ちなみにいちばん下の【ラスティングベース】は、二層式の下地です。

これは乾燥肌は要注意!

たしかにメイクは崩れにくいかもしれませんが、二層式は乾燥しやすいものが多いです。

紫外線を強力に防ぎたいなら、下地とは別に保湿力のある日焼け止めを塗ったほうがいいですよ。

 

このイプサの日焼け止め乳液は、強力な紫外線防御効果でありながら保湿力抜群です。

メイク直しにも大活躍してくれてるので、わたしのイチオシの日焼け止めです。

スポンサーリンク

コスメデコルテ下地 モイスチュアライジング ベースの使い方

ラクチュール モイスチュアライジング ベース

  1. スキンケアで肌を整える
  2. パール粒を5点置き(両頬・おでこ・鼻・あご)
  3. ファンデーション

使い方は上記のようになります。

 

ですが伸ばしやすいテクスチャーなので、5点置きのように丁寧に塗らなくても大丈夫です。

しかも5点置きって面倒くさいし、塗る量の調節がむずかしい・・・。

なので適当にパパっと塗ってしまいましょう。

オススメの使い方

わたし流だとこちら。

  1. 適量を指先に取る
  2. 両手の指先でこすり合わせる
  3. 頬を中心に塗る

以上です。

 

化粧下地は肌をフラットに整える、ファンデの密着を助けるものなので、全顔塗らなくても問題ありません。

乾燥崩れしやすいところを中心に塗りましょう。

※日焼け止めは全顔に塗ります。

コスメデコルテ下地 ラクチュールは夏の乾燥崩れに強い

ラクチュール モイスチュアライジング ベース

Twitterでパウダーファンデーションのオススメを募ったところ、ラクチュールのファンデを紹介していただいたんです。

それなら下地もラクチュール!と思って購入したのが、このラクチュール モイスチュアライジング ベースです。

 

  • カバー力がない
  • 色補正効果がない
  • 紫外線防御効果がもう少し欲しい

など、気になる部分も当然ありました。

 

だけどナチュラルメイクなら、どれも許容範囲かな。

日焼け止めは別に使っているし、下地として考えると優秀です。

 

ラクチュールのファンデとの相性は当然良く、パウダーであっても乾燥せず崩れにくいです。

そもそもラクチュールはリキッドファンデの設定がないのです。

なので、パウダーファンデとの相性を考えて作られているのだと思います。

 

だからか、ラクチュール以外のパウダーファンデを使っても乾燥崩れがありません。

リキッドファンデは試してませんが、パウダーとの相性はなかなか良いですね。

ファンデの密着力が高く、保湿力があっても崩れにくいため、夏の乾燥肌に最適な下地です。

 

その保湿力は、冬は少し物足りないかもしれません。

紫外線防御効果があって崩れにくいという下地は、保湿力だけを求めた下地に比べると、保湿力がどうしても劣るんですよね。

乾燥肌具合によっては、秋冬の使い方は要注意です。

肌の色を変えない下地

ラクチュール モイスチュアライジング ベース

塗った直後の肌は、このようになります。

まったく肌の色を変えずに、肌を整えてくれる下地です。

 

最近人気のあるトーンアップする下地、あれはあれで大好きですけど、肌の色に合わせたファンデが使いにくいことがあります。

白浮きしたり、重ね塗りが難しかったり・・・。

 

その点、ラクチュール モイスチュアライジング ベースは無色で使いやすいです。

まぁ、その分カバー力は低いですけどね。

クマなど気になる部分は、コンシーラーでカバーしちゃいましょう。

 

ETVOSのコンシーラーパレットは色をカスタマイズできるため、肌悩みや肌の色に合わせて色をつくることができます。

クリームタイプで保湿力もありますよ。

デメリット

  • テカった
  • 保湿力が不安
  • カバー力がない

テカった

保湿力が高く、ギラギラとテカったというクチコミがありました。

乾燥肌以外の方は相性が悪いかもしれませんね。

 

保湿力が不安

反対に、保湿力が物足りないと不満がある方もいるようです。

 

カバー力がない

これはもう間違いなく、カバー力はありません。

色補正効果もなければ、シミやクマを隠す効果もありません。

毛穴は若干、光により誤魔化すことができます。

 

まとめ・評価

コスメデコルテの下地はたくさん種類があり、わざわざラクチュールシリーズを選ぶ方は少ないのかなと感じています。

ですがラクチュール モイスチュアライジング ベースは、派手さはないものの保湿力と崩れにくさを兼ね揃えた、縁の下の力持ち的な下地となっています

 

コスメデコルテの他のシリーズの下地に比べ、手にしやすい価格帯なのも魅力的です。

パウダーファンデど相性が良いので、パウダーのときの下地に悩んでいる方に試してみてほしいです。

わたしの評価は・・・

★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました