HAKU美白美容液ファンデできちんとメイク!ズボラアラサーに最適

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ ファンデーション

まめこ(@cgomameko)です。

 

いつもナチュラルメイクを心がけているし、そちらのほうが仕上がりも好みなのですが、たまにはしっかりメイクをしたくなることがあります。

また仕事やお出かけなど、大人の女性にはTPOに合わせてメイクを変える必要があるなーと実感しているところです。

 

ということで今回は、HAKUの「薬用 美白美容液ファンデ」を紹介します。

最初は使いにくいなーと感じましたが、使い方を変えたら見違えるほどキレイに仕上がりました。

下地不要でカバー力があるので、時間がない日も活躍しそう。

 

こんな方にオススメ

  • 1本でベースメイクを終わらせたい
  • ファンデでも美白をしたい
  • きちんと感のあるメイクが好き
スポンサーリンク

HAKU 美白美容液ファンデの特長

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ

名前 HAKU 薬用 美白美容液ファンデ

価格 4,800円(税抜)

HAKUといえば美白スキンケア。

とくに美容液の信頼と実績があるブランドですが、そんなHAKUからファンデーションが発売されています。

美白のHAKUというだけあり、ただのファンデーションというわけではなく、美白効果が期待できるハイブリッドファンデです。

 

つけていることで、シミをカバーしながら美白する。シミの気にならない、明るく透明感のある肌へ。
美白有効成分4MSK配合(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)でメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ。シミや色ムラを目立たせない。

出典:資生堂公式サイトより

 

パッケージはHAKUらしい、ホワイトでシンプルなチューブタイプ。

キャップを外すと先端が細く伸びてるので、量の調節がしやすいです。

香りやテクスチャー

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ

香り

香りはとくになく、少しエタノール感があるかなぁという程度です。

外資系のような、香りも楽しみたいわたしにはちょっと物足りないかな。

ただ他とのニオイが混ざることがないので、その点は使いやすいと思います。

 

テクスチャー

テクスチャーはポテっと重さがあるものの、みずみずしさも兼ね備えています。

伸びはすっごくいいわけではないので、少量ずつつけると塗りやすいです。

 

HAKU 薬用 美白美容液ファンデの使い方

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ

  • 指にパール1個分を取る
  • 5点置き(両頬・鼻・おでこ・あご)
  • 少しずつ外側へボカす

使い方はこんな感じなのですが、塗りにくい・伸びが悪い・厚塗り感がすごい・・・などイマイチに感じている方もいるようですね。

わたしも使い始めたときは、「ムリ!苦手」と思いました。

でも塗り方を変えたら、とってもいい感じに。

ツールは指が良い

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ

わたしはいつも指は使わないので、ブラシやパフを使って塗ってみました。

うーん、イマイチ

一般的に厚塗り感を防ぐにはブラシがいちばんなのですが、HAKUの美白美容液ファンデとは相性が悪かったです。

で、あまり好きな手段ではないですが、指で塗ってみたらめっちゃキレイだった!!

 

ムラになるとか、伸びが悪いとかでうまく塗れない方へ。

わたしが勝手に命名した【アーティスト塗り】を試してみてください。

アーティスト塗り

  • 手の甲などにごく少量とる
  • 指先(中指・薬指)にさらに少量とる
  • トントンとすばやく塗りひろげる

メイクアップアーティストの方が、モデルさんに塗ってる塗り方を思い出してみてください。

トントントントンと、軽いタッチでファンデを塗ってるシーンが思い浮かびませんか?

少量、ごくごく少量ずつを、うすーくトントンさせる。

そうするとめちゃめちゃ仕上がりが良かったです。

薬指は目もとなど、チカラを入れないように塗るために使い分けています。

HAKU 美白美容液ファンデはズボラなアラサーにぴったり

あの美白スキンケアのHAKUから、ついにハイブリッドファンデが出ると聞いて。

今さらながら手に入れたのですが、クチコミがいいし、CM見ても良さげなのが伝わってきます。

ということでさっそく使ってみました。

めっちゃ使いにくい〜

なんだか濃いし、いかにも塗った感が出るし使いにくい!

というのが第一印象でした。

 

そこから使い方をいろいろ工夫してみて、いい感じ!と納得したのが上記でお伝えした使い方です。

少量を指でトントンさせる感じで!

それがいちばん重要でした。

塗り方を変えるだけで、厚塗り感とは無縁のきちんと感を演出することができます。

あとから考えてみると、ブラシ使いだけでなくファンデの量も多かったのが原因かなぁ。

 

下地は不要、日焼け止めにHAKUファンデ・仕上げのパウダーで、しっかりとしたベースが完成するのでとってもラク。

”できる女性”のような、オフィスメイクにぴったりな仕上がりです。

わたしみたいな基本ズボラなアラサーに最適。

デメリット

  • ベタつく
  • 崩れやすい
  • シミやそばかすが隠れない
  • 乾燥する

ベタつく

しっとりしてる分、ベタつきやすいのだと思います。

仕上げのパウダーは必須です。

 

崩れやすい

これまたしっとりしてて保湿力があるからか、崩れやすいという意見がありました。

秋から春までの使用が良さそうです。

 

シミやそばかすが隠れにくい

シミやそばかすをしっかりカバー・・・とまではいかないようです。

カバー力は高いですが、シミなどにはコンシーラーを使ったほうが良さそうですね。

 

乾燥する

わたしとしてはしっとりすると思いますし、そういうクチコミが多く感じます。

ですが一方で、乾燥するという意見もあります。

 

なのでそんな方は、当ブログで何度もオススメしている美容液を使ってみてください。

使ってみるまで信用してなかったのですが、マジで肌質が変わったので。

絶賛オススメ中ですよ。

 

まとめ・評価

美白のスキンケアで有名なHAKUより、美白効果が期待できるファンデーションが出てきました。

 

日中もシミやそばかすを防ぐ効果をまといながら、きちんと感が出せるメイクが完成します。

下地不要でとてもラクに仕上がるので、時短にもなって便利です。

わたしの評価は・・・

★★★☆☆

きちんと感が出ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました