肌のごわつき改善!クリニークのターンアラウンド角質ケアクリームとは

ターンアラウンド オーバーナイト モイスチャライザー

角質ケアをしたいと思いつつ、面倒くさがりでなかなか続かないわたし。乾燥肌で敏感肌のため、角質ケアをしっかりするのも怖く、肌荒れするのではないか不安というのが本音です。しかし、角質ケアをきちんとすることで、肌のくすみやごわつきの解消になり化粧ノリがよくなるそうです。

今回は角質ケアの保湿クリームであるクリニークの「ターンアラウンド オーバーナイト モイスチャライザー」を紹介したいと思います。夜用の角質ケアクリームということで、寝ている間に肌の調子を整え、翌日はふっくらモチモチの肌へと導いてくれるアイテムです。

ピーリングと違い、保湿しながら角質ケアをするクリームのため、肌を痛めつけることなく角質を柔らかくしてくれます。敏感肌でピーリングができない人も、取り入れやすい角質ケアクリームです。

ごわごわになった肌を柔らかくし、もちもちの肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

ターンアラウンド モイスチャライザーの特徴

ターンアラウンド オーバーナイト モイスチャライザー
商品名:クリニーク ターンアラウンド オーバーナイト モイスチャーライザー
価格:6,804円(税込)/ 48g

クリニークの角質ケアシリーズのひとつ、夜用角質ケア保湿クリームです。夜間のターンオーバーに着目し、寝ている間に角質ケアをする働きがあります。紫外線など日中に受けたダメージに潤いを与えてケアすることで、翌日に柔らかくキメの整った肌へと導きますよ。

クリームはとても柔らかくのびも良いため、少量でも顔全体を塗ることができます。少し科学的な薬品のような変わった香りがするので、苦手に感じる人もいるかもしれませんが、塗ってしまえばほとんど匂いは感じません。

ジャータイプなので最後まで使い切ることができますよ。

ターンアラウンド モイスチャライザーの感想

肌のごわつきが気になり、ピーリングをしてみたものの、肌荒れを起こしたことがあります。そのせいで角質ケアというものが怖くなり、なかなか手が出せずにいました。ピーリングよりは肌荒れを起こしにくい、拭き取り化粧水でササッと済ませる程度でした。

敏感肌も使える!毛穴の汚れもスッキリ!ちふれのふきとり化粧水とは
メイクなどの皮脂汚れと、化粧水の浸透力とはまったく関係がなさそうに思いますよね?ですが、皮脂汚れをすっきり落とすことで、化粧水の浸透をグンとあげることができます。その両方を効果的にできるアイテムが、拭き取り化粧水になります。

拭き取り化粧水でもケアはできてると思いますが、もう少し肌のごわつきやくすみを解消したいと思い、このターンアラウンドモイスチャーライザーを試してみることに。

スキンケアの最後、いつも使っているクリームの替わりに、この角質ケアクリームを使ってみたら、翌日の肌がよりふっくらとしているのを感じましたよ。朝からモチモチした感触に気分が良くなり楽しくケアできています。

ただ塗った翌日すぐに効果があらわれるわけではなく、1週間・2週間と使ってみて徐々に肌がやわらかくなるといった感じです。ザラつきやごわつきが軽減され、化粧ノリがアップしたことで、毎朝のメイクも気持ちがいいですよ。

ターンアラウンド モイスチャライザーの使い方

ターンアラウンド オーバーナイト モイスチャライザー

スキンケアのいちばん最後に適量を塗り込みます。角質ケア成分が含まれているということで、目元など敏感なところは避けて塗りましょう。少量で顔全体にカバーできるため、コスパはいいと思います。

乾燥肌の人は乾燥を感じるかも

クリニークのこの角質ケアクリームを使いだしたのが、特に乾燥しやすい冬の時期だったからかもしれません。夏の今はあまり感じませんが、このクリームだけではものすごく乾燥してしまいました。保湿クリームとはいえ、角質ケアのアイテムは全体的に乾燥しやすいですね。

余計に肌荒れを起こしてしまう前に、乳液やふつうの保湿クリームを塗ったあとに、この角質ケアクリームを塗るほうがいいかもしれません。紫外線が多い夏向けの角質ケアクリームといった印象です。

敏感肌は注意が必要

ピーリングと比べると肌にやさしいとは言え、多少ピリピリすることがありました。毎日使えるクリームではありますが、肌の様子を見ながら、ターンオーバーの時期に合わせて使うことで、肌荒れのリスクを抑えることができると思います。

デメリット

  • 匂いが変
  • 継続使用でないと効果が出にくい

使い続けたくなくなるような、変わった匂いがします。癒される良い香りがすれば、毎日楽しく使えますが、少しうんざりするような匂いですね。無香料でないのが残念です。

即効性がないため、毎日使い続けることで角質ケアができますが、肌が敏感な人は毎日使っているとピリピリする場合があります。

まとめ

古くなった角質がたまると、肌のザラつきやごわつきの原因となり、化粧のノリが悪くなります。そうならないためにも、角質ケアをきちんとして肌のキメを整えることが大切です。角質ケアで有名なピーリングは、肌への刺激が強く敏感肌や乾燥肌の人には向いていないため、低刺激な角質ケアクリームを使うことで、肌をやわらかくすることができますよ。

クリニークの角質ケアクリームは毎日使うことができるので、ザラつきやごわつきが気になったときに角質ケアをする必要がなくなります。とはいえ、肌が敏感になりやすいので、肌の様子をみて判断しましょう。

角質ケアで肌をきちんとケアをしていれば、くすみがなく透明感のある美しい肌をキープすることができます。化粧ノリをアップさせ、つるつるな肌を維持しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

関連ユニット
トップへ戻る