下地で使える?ランコムUVエクスペールBBとファンデの相性は?

ランコム uvエクスペール bb

カバー力がある・時短になる、などの理由から人気の高いBBクリームですが、BBクリーム1本でメイクをすませずに、化粧下地として使っている方も多いのではないでしょうか?

しかしカバー力がありすぎて、ファンデを重ねると厚塗りになってしまう場合がありますよね。

今回はランコムの大人気BBクリーム「UVエクスペールBB」を紹介します。ランコムでは、メイクアップベース(日焼け止め)としてのカテゴリーとなっています。

UVエクスペールBBを下地として使う場合、ファンデとの相性はいいのか、試してみましたので、気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

結果として、BBクリームとしては軽く、下地としては重い印象を受けました。下地としてよりBBクリームとして使うほうが、厚塗りにならずにすみそうです。

また、乾燥せずにつや肌になるため、つや好きな乾燥肌向け・ナチュラルメイクな方向けなBBクリームです。

つやが気になる場合は、マット系のパウダーを重ねることで、セミマットな肌を作れますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大

ランコム UVエクスペールBBの特長

ランコム uvエクスペール bb

商品名・・・
UVエクスペール BB

5,800円(税抜)/ 30ml SPF50 PA++++

ランコムの大人気アイテムであるUVエクスペールBB。日焼け止め・化粧下地の機能を備えたBBクリームです。保湿力があり、つや肌に仕上げます。

SPF50 PA++++で紫外線防御の効果は高く、独自のフィルターでシミやソバカスを防ぎ、大気中の微粒子からも肌を守ります。

容器はチューブタイプで、キャップはパカっと開けるタイプのため、片手でも簡単に使えて便利ですね。

香りやテクスチャー

ランコム uvエクスペール bb

グレーがかったベージュの色をしており、初めての場合は驚くかもしれません。この色を肌に塗って、変な色にならないのかと最初は不安になりました。が、適度に明るい肌に導き、つやつやになります。

テクスチャーはこってりとしつつも、伸びはとても良く不快ではありません。スーッと伸び、少量でも顔全体に広げることができます。

香りはわりと強く、変わっています。良い香りでなく、日焼け止め特有のような匂いでもなく…かなり難しい香りです。おそらく苦手とする方が多いだろうなと感じます。

ランコム UVエクスペールBBの使い方

日焼け止め・化粧下地の効果があるため、スキンケア後すぐに使用できます。パール粒大が適量とのことですが、わたしは上の写真くらいの量を使っています。

好みにより、その後にファンデーションやパウダーで仕上げます。カバー力があるものの、肌の色補正にはあまり効果がありません。気になる場合は、コンシーラーを使ったほうがいいですね。

ランコム UVエクスペールBBの感想

人気があることと、サンプルを試した際に気に入ったことで購入しました。肌の明るさが増し、つやつやになるところ、1日乾燥しないこと、紫外線防御効果が高いところが気に入っています。

サンプルを試した当時、グレーの色味にびっくりしつつも、適度なカバー力で毛穴が目立たずキレイになり、さらに透明感が出たことにも感動したものです。

これから夏にかけて、毛穴が広がりやすく紫外線も受けやすくなるため、UVエクスペールBBは大活躍すること間違いなしですね。

ただわたしのデメリットとしては、肌の赤みが消えない点です。グレーの色味のこちらよりも、クリームがベージュ色のUVエクスペールBBⅡのほうが、色ムラ悩みには向いているようです。

色補正したい場合は、コンシーラーや他の化粧下地を薄く塗るなどして、赤みを打ち消しています。

下地で使える?ファンデとの相性は?

ランコム uvエクスペール bb

ランコム uvエクスペール bb

冒頭でもお伝えしたとおり、BBクリームにしては軽く、スイーッと伸ばせて快適です。しかもペカーっと輝くような肌になるんですよ。手の甲の右半分だけピカピカですね。

肌つやが良くなり、毛穴やアラが目立たずにキレイになります。ですが、下地としてはやや重く感じます。こってりとしたテクスチャーで、しっかりと肌にのっているんですよ。

わたしはどちらかというと、サラッとした軽めの下地が好きで、下地にカバー力はあまり求めていません。なのでUVエクスペールBBに、さらにファンデーションを重ねると、どうしても厚塗り感を感じます。

特にリキッドやクリーム・エマルジョンタイプのファンデだと、こってりとしすぎて、毛穴落ちが目立ちました。

POINTUVエクスペールBBに相性が良いのは・・・

  • UVエクスペールBB+パウダー
  • UVエクスペールBB+パウダーファンデ or クッションファンデ

軽めのパウダーファンデや、みずみずしいクッションなら許容範囲です。ですが、やはりパウダーのみで仕上げることで、いちばんキレイな肌を作ることができますね。

肌のコンディションや肌悩みによって、BBとパウダーだけではカバーしきれないという場合は、コンシーラーやカバー力のあるリキッドファンデなどを、気になる部分に仕込んでカバーします。

デメリット

  • 匂いがダメ
  • 色が合わない
  • 毛穴落ちする

かなり独特な匂いがするBBクリームで、完全に受け付けない方もいるようです。サンプルをもらってから、香りの確認をしてみたほうが無難です。

グレーの色味が合わない方も多くいます。個人差によると思いますが、肌が明るくなる人や暗くなる人など、様々な意見があります。

乾燥したり崩れたり、毛穴落ちするというクチコミもあります。肌質やファンデとの相性によるのだと考えます。

まとめ・評価

ランコムのUVエクスペールBBは使い心地が良く、肌の透明感をあげ、紫外線防御効果も抜群なBBクリームです。

化粧下地としてはイマイチな印象がありますが、ナチュラルメイクが好みの方や、肌がキレイな方は、これ1本にパウダーのみで仕上げることができるスグレモノです。

ただ肌に合う合わないがハッキリしており、使う人を選ぶ点がデメリットに感じます。

まめこ
わたしの評価は・・・【★★☆☆☆】
時短メイクのときや休日に使いたい
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

関連ユニット
トップへ戻る