保湿系の化粧下地でツヤ肌を!MACストロボクリームの使い方も紹介

MAC ストロボクリーム

化粧下地に求める機能って何でしょうか?もちろん、肌の凹凸をなくしフラットに整えることや、色ムラをカバーすることが目的ですよね。

でもそれだけでなく、肌のトーンを上げ、透明感を引き出す下地も魅力的です。さらに保湿力もあれば乾燥肌には嬉しいですね。

ということで今回は、簡単に透明感をアップさせ、ツヤ肌を実現することができる化粧下地を紹介します。保湿力もあるため、乾燥肌も安心の下地となっていますよ。

MACの化粧下地「ストロボクリーム」を使えば、透明感をアップさせるだけでなく、年齢肌も感じさせない輝きのある肌になれます。

ギラギラしたパールではないため、アラサー以降でも使えるアイテムとなっています。
スポンサーリンク
レクタングル大

MAC ストロボクリームの特長

MAC ストロボクリーム

画像:MAC公式サイトより

商品名・・・
ストロボクリーム

4,500円(税抜)/ 50ml / 全5色

透明感を演出し、輝きを引き出す化粧下地です。肌をなめらかにするという、化粧下地としての役割を果たしながらも、理想的なツヤ肌をつくります。

保湿効果のある植物エキスとパールにより、疲れた肌に艶を与え、明るい肌に導きます。太陽光や室内の光の下でも、輝く肌を演出します。

セラミド2や植物エキスを配合することで、うるおいが長時間持続し、乾燥から肌を守ります。MACでは保湿クリームと記載してあり、保湿力に優れていますよ。

定番のピンクライトに、ピーチやシルバーなどを追加し、全5色で販売しています。自分の好みの輝きを選びやすくなりました。

ストロボクリームの色選び

どんな肌にも相性が良く、ナチュラルな輝きをもたらすのはピンクライトです。ストロボクリームに挑戦してみたいけど、どれにしようかと迷った場合は、ピンクを選ぶと間違いないです。

POINTクマやくすみが気になる場合は、ピンク・ピーチ・レッド

メリハリのある肌にしたい場合は、シルバー・ゴールドがおすすめです。

香りやテクスチャー

MAC ストロボクリーム

香料が入っており、変わった匂いがします。フローラル系や植物系の香りではなく、人工的な匂いがするため、わたしは苦手な香りですね。ずっと長く続く香りではないですが、体調によっては使いたくないです。

テクスチャーは乳液のように柔らかく、ゆるめのクリームです。スキンケアの延長のように、ストレスなくするする伸びます。

MAC ストロボクリームの使い方

化粧下地の認識ですが、マルチに使えるアイテムで、いろいろな使い方がありますよ。今は日本での購入は難しいですが、BURBERRYの化粧下地と良く似ている印象です。

毛穴などのカバー力はほとんどなく、保湿・肌をなめらかにする・輝きをもたらす下地となっています。保湿力は高めの下地ですが、スキンケアでしっかりと保湿することが大切ですね。

化粧下地として

一般的な使い方です。ストロボクリームには紫外線防御効果がないため、日焼け止めを塗ったあとに使用します。

また、毛穴や色補正・テカリ防止などの下地を併用しても大丈夫です。日焼け止め(使う場合は高機能下地)→ストロボクリーム→ファンデーションの順で艶を仕込むことができます。

毛穴を目立たなくすることができて、厚塗り感がない下地としては、ディオールの下地が相性が良かったですね。

ハイライトとして

化粧下地としてファンデの前に使うと、どうしても艶が目立たなくなります。リキッドやマットなファンデを使う場合は、ファンデーションのあとに使用することでツヤ肌を作れますよ。

例えば、崩れないと人気のあるファンデ「エスティローダーのダブルウェア」ですが、ややマットでのっぺり顔になりがちです。そんなときは仕上げとして、Tゾーン・Cゾーン・まぶたの上に軽く乗せ、ツヤ肌を演出します。

混ぜて使う

輝きを抑えたい場合、マットなリキッドファンデーションに少し艶を出したい場合など、日焼け止めやファンデにストロボクリームを混ぜる方法もあります。

この場合は、混ぜるものとの相性次第で、メイクが崩れるなどの問題が起こりがちのため、なかなか難しい使い方です。

ですがファンデに混ぜると、よりナチュラルな明るい印象の肌になり透明感が増しますよ。

MAC ストロボクリームの感想

MAC ストロボクリーム

BURBERRYが日本から撤退し、通販もできなくなったことで、大好きだった下地の購入ができなくなり、落ち込んでいました。そこでBURBERRYと似た感じの下地で、人気もあるというストロボクリームを購入してみました。

ちょうどミニサイズのリトルマックで販売されていたため、物は試しだなということで購入したのですが、使用感がやはりBURBERRYと似ていて気に入りました。

色はピンクライトで、どんな肌とも相性が良いというだけあり、変に浮くことなくツヤ肌を叶えてくれていますよ。

BURBERRYと同じく、毛穴カバーや色補正があるわけではありません。しかも大事な大事なSPFが入っていない点までそっくりです。多少の色味があり、クマに効果的といっても微々たるものです。

それでも内側からあふれるようなツヤ肌には大満足ですね。透明感が上がり、年齢肌が気にならなくなるほど、生き生きとした明るい肌を作れます。

わたしの思うデメリットは、紫外線防御効果がないこと、ストロボクリームだけでは下地としての役割に欠けるという点ですね。ツヤ肌を作りたいだけであれば、100点満点です。

ツヤ肌になる化粧下地

MAC ストロボクリーム

手の甲に塗ってみると、あふれんばかりのツヤ感ですが、顔にのせてみると適度なツヤに大満足です。ピンクライトは、わずかにピンク色も入っていて白浮きしません。

ツヤ肌を作りたい方にはピッタリのアイテムとなっています

ツヤ肌を簡単に作れる、MACのハイライトもオススメです。ストロボクリームとは違った輝き、ツヤを与えてくれます。

デメリット

  • 紫外線防御効果がない
  • カバー力がない
  • 崩れやすい
  • 着色料・香料が入っている

化粧下地として使う場合は、やはりSPFの効果も期待しますが、ストロボクリームに紫外線防御効果はありません。日焼け止めなど他のアイテムを併用しないといけないため、1個で済ませたい方には向いていません。

直接的に毛穴をカバーする力がないため、がっつりカバー力を求めている方には不向きです。光の加減で毛穴を目立たなくさせる部類の下地ですね。

保湿力があるためか、夏の時期は崩れやすいという意見がありました。顔全体ではなく、頬骨などハイライトとして使うと良いかもしれません。

敏感な目元にも使えるとのことですが、着色料や香料は刺激になりそうで、毎日は使えません。

まとめ・評価

簡単にツヤ肌をつくることができる、MACの化粧下地「ストロボクリーム」

化粧下地としての効果を期待するというより、肌を明るくし透明感や艶を演出するための、プラスアイテムとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

まめこ
わたしの評価は・・・【★★★☆☆
メイン使いはできないものの、プラスαとして顔の印象を変えるために使っています。
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

関連ユニット
トップへ戻る