メイクの上から髪にも!UVフェイスミスト50フォープラスが便利

UVフェイスミスト 50 フォープラス

日焼け止めは、朝1回塗っただけでは効果を持続できないってご存知ですか?

そんなの知らなかった、知ってたけどメイクしてるから塗り直しできないよ、って方に朗報です。メイクの上からでも、簡単に日焼け止めを塗り直せるアイテムがあるんですよ。

ってことで今回は、プライバシーの日焼け止め「UVフェイスミスト 50 フォープラス」を紹介します。

紫外線をきちんと防ぎ、うっかり日焼けをしないためにも、2~3時間おきに日焼け止めを塗り直すことが大切です。

UVフェイスミスト50フォープラスは、顔に直接吹きかけることができ、UVケアにありがちな乾燥もありません。美肌を手に入れるために、しっかりとUVケアをやりましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

UVフェイスミスト 50 フォープラスの特長

UVフェイスミスト 50 フォープラス

UVフェイスミスト 50 フォープラス

1,080円(税込)/ SPF50+ PA++++

現在の国内最高レベルのUVカット効果のあるミストタイプの日焼け止め。メイクを崩さず、白くならない超微粒子ミストのため、メイクの上から何度でも塗りなおしができます。

顔に直接使えるノンガスタイプ・うるおい成分配合・敏感肌でも使えるという大きく3つの特長を持っています。

アセチルヒアルロン酸Naなどの保湿成分が配合されており、日焼け止め特有の乾燥を感じることはありません。また、パラベン・アルコールフリーで、敏感肌でも使いやすい処方となっています。

専用のクレンジングが不要で、石けんで落とせることがズボラのわたしにピッタリです。

香りやテクスチャー

フローラルブーケの香りということで、やさしい香りです。付けたときに少し香るくらいで、匂いはいつまでも続きません。日焼け止め特有の匂いがなく、とても使いやすい香りです。

テクスチャーは細かい霧状で、手に取ってもサラッとしています。日焼け止めのため、多少のベタつきは感じます。

UVフェイスミスト 50 フォープラスの使い方

メイク前・後どちらでも使用できます。顔から20cmほど離し、必ず目を閉じて2,3プッシュします。スプレー後は手で軽く押さえて、顔に密着させましょう。

顔以外にも、髪の毛や体にも使えます。素早くプッシュすることで、日焼け止めをムラなく均等につけることができますよ。

わたしはメイク前よりも、化粧直しのときに使うことが多いです。軽くティッシュオフ→UVフェイスミスト→パウダーで、紫外線対策は完璧です。

UVフェイスミスト 50 フォープラスを使ってみて

UVフェイスミスト 50 フォープラス

絶対に焼けたくない!

そんな思いから、何度でも塗り直し可能で白くならない日焼け止めを探していました。そんなときに見つけたのが、UVフェイスミスト50フォープラスでした。

メイクの上から使えるのはもちろん、簡単さ・手軽さも持ち合わせておりGOOD!!!

通常の日焼け止めクリームだと、メイクがヨレるヨレる!UVパウダーは何度も塗ってたら、どんなにいいものでも白くなる!だけど、コレはそれらを感じさせないのですよ。

ということで、この日焼け止めスプレーは何度も購入してるのはもちろん、一年中常備しています。

多少ベタつくものの、白くならずに乾燥せずに何度でも使える点がとても気に入っています。「顔が白くてキレイですねー」と言われるのは、一年中日焼け止め使っている効果だと思っています。

髪の毛に使えるUVスプレー

紫外線のダメージを受けるのは、顔だけではありません。全身で紫外線を浴びるため、髪の毛ももちろんダメージを受けています。

なかなか髪の毛まで意識しないかもしれませんが、紫外線を浴びると髪の毛が痛み、パサついてしまいます。ボサボサでパサついた髪の毛だと、だいぶ老けて見えますよね。

紫外線を浴びると、キューティクルがはがれやすくなるため、髪内部の水分が失われ、枝毛、切れ毛、髪のパサつきが起こりやすくなります。

出典:スキンケア大学より

しっかりとUVケアをし、美しい肌・髪を維持したいものです。

おすすめな使い方

簡単で素早くスプレーできるのがメリットですが、わたしは一度手に取ってから日焼け止めを塗っています。前髪やマツゲにあまりスプレーしたくない、というのが理由です。

公式の使い方をすると、恐ろしくベタつきを感じたためです。前髪にはチカラを入れているので、ベタつきは断固拒否したいですね。

わたしの使い方は、4,5回手にプッシュし両手をすり合わせ、顔に押さえつけるように塗る方法です。液体を、伸ばしながらではなくプッシュしながら塗る感じです。

このやり方であれば、メイクの上からヨレることなく、前髪やマツゲをベタつかせることなく紫外線対策ができています。仕上げにパウダーを使いテカリを抑えます。

スプレーしないなら普通の日焼け止めを使えよ、と思われるかもしれませんが、クリームタイプの日焼け止めを塗り塗りするのはメイクがヨレるため、わたしは避けています。

デメリット

  • ベタつく
  • テカる

多くのマイナス意見は、ベタつく・テカるというもの。使い方が難しいアイテムだとは感じています。

わたしは乾燥肌だからでしょうか。ベタつきは多少感じるものの、仕上げのパウダーでベタつきは消されています。しっとりした肌になり快適さを感じるほどですね。

まとめ・評価

メイクの上からでも、髪の毛にも直接使える日焼け止めスプレー。1日に何度も日焼け止めを塗り直していると、顔が白くなったり厚ぼったくなったりしてしまいますが、これはそんなことありません。

何度も塗り直し可能なため、紫外線対策が完璧にできますよ。今年こそ、焼けない美肌・美髪を手に入れましょう。

まめこ
わたしの評価は・・・【○】
他にいいのを見つけるまで使い続けます

【UVケア 関連記事】

敏感肌にも使える!エトヴォスのミネラルUVパウダーの使い方
紫外線吸収剤やシリコン、合成着色料など肌に刺激がでやすい成分をなるべく使わないことで、敏感肌の人にやさしいパウダーとなっています。 専用のクレンジングが必要なく、石けんとぬるま湯で落とせる処方になっているため、とことん肌への労りが感じられます。
ゲランメテオリットUVプロテクションの効果的な使い方とレビュー
メイクの上からも簡単に塗ることができ、UV対策もしっかりとできるUVパウダーがおすすめです。お化粧直しをする感覚で、いつでも簡単に紫外線を予防することができるので、積極的に取り入れ、シミやソバカスなどの肌トラブルを起こさないようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

関連ユニット
トップへ戻る