プツプツ毛穴に効果的!ドクターシーラボVC100ゲルの欠点も紹介

ドクターシーラボ VC100ゲル スキンケア

オールインワンのスキンケアは、時短になりとても便利だと思う反面、本当にこれひとつで大丈夫なのかな?と不安になりませんか?

わたしはスキンケアが大好きで時間もかけているため、今まで使ったことなかったのですが、有名なドクターシーラボのオールインワンを試してみることにしました。

今回はドクターシーラボ「VC100ゲル」オールインワンを紹介します。

結論から言うと、透明感やハリ・毛穴には効果的ですが、保湿は物足りないという結果になりました。ただ、肌の調子はすこぶる良く、香りも良いため癒されながら使っています。

スポンサーリンク

ドクターシーラボ VC100ゲルの特長

ドクターシーラボ VC100ゲル

画像:ドクターシーラボ公式サイトより

商品名・・・
VC100ゲル ドクターシーラボ

4,800円・7,000円(税抜)/ 80g・120g

高浸透ビタミンC配合のオールインワンゲル。化粧水・乳液・美容液・アイクリーム・クリーム・パック・化粧下地と7つもの役割を、VC100ゲルひとつで叶えてくれます。

ビタミンC(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)という整肌成分が、ハリやツヤを与え、キメの整った肌へと導きます。

生涯、数は変わらないという毛穴。年齢を重ね、肌がたるんでくることで毛穴が目立ってくるようになります。その毛穴を目立たせないために、肌を引き締めハリを与えることで美肌をつくります。

お肌にやさしい処方

無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーといった、肌のことを考えられてつくられています。

スキンケアをしていて、逆に肌荒れすることは避けたいですよね。敏感肌にも手が出しやすい気遣いがありがたいです。

香りやテクスチャー

ドクターシーラボ VC100ゲル

無香料ですが、植物由来の精油を使っているため、香りがします。グレープフルーツとオレンジの爽やかで優しい香りが、リラックスタイムを楽しく演出してくれます。

テクスチャーはゲルにしてはゆるめ。薄いオレンジ色をした半透明のゲルで、ゆるくてもコッテリとした感触です。最初はベタつきますが、浸透すれば程よいペタつき感になります。

ドクターシーラボ VC100ゲルの使い方

洗顔後、朝はパール2つ分・夜はさくらんぼ1つ分を顔全体に広げます。これひとつでスキンケアが終了するため、とても時短になります。

公式サイトで、化粧水→VC100ゲルを推奨してあるとおり、まず化粧水で肌を整えてからゲルを使ったほうが、ゲルの浸透が速いですよ。

ドクターシーラボ VC100ゲルを使ってみて

ドクターシーラボ VC100ゲル

オールインワンはわたしには合わない。

これはドクターシーラボだけでなく、ほかのサンプルを使ってみても同じ結論となりました。やはり化粧水で肌を整える、美容液を使う、オールインワンは補助的アイテムという位置付けですね。

肌質や気持ちの問題もあるので、合う人には時短・節約になり、とても便利なアイテムだと思っていますよ。

オールインワンとしてではなく、VC100ゲルの効果としてはとても気に入りました。美肌づくりのひとつとして取り入れたいと感じるほどです。

毛穴に効果あり!透明感も出る

美容成分が98.1%も含まれているということで、エイジングの効果があるようです。コエンザイムQ10やプラセンタエキスが、肌にハリやツヤをもたらしてくれています

肌がふっくらとしてきたことで、ほうれい線が少し目立たなくなっています。毛穴も前より気にならなくなっていることに、最近気づきました。ハリツヤ感を確かに感じ、素肌に少し自信が持てるほどになりました!

同じドクターシーラボの、VCエッセンスローションという化粧水を併用すると、毛穴の効果をより早く感じやすいです。

また、ビタミンC誘導体が配合されていて、わずかではあるものの透明感も生まれています。使い続けることで、くすみ・毛穴の悩みが解消されそうですね。

保湿力が足りない

VC100オールインワンゲルだけでは、保湿力がやや物足りないですね。浸透力はあるとはいえ保湿と言うよりは、肌の引き締めやゴワつきへの効果の方が高いのではないでしょうか。

デメリットは、やはり乾燥肌には保湿が足りないということ。わたしは化粧水・美容液を使い、クリームの役割としてVC100ゲルを使っています。そうすることで、スキンケア後の乾燥を感じなくなりました。

美容液は、保湿系のものを選んで使っていますよ。テクスチャーのゆるい美容液のほうが、VC100ゲルの邪魔にならなくていいですね。

たださすがと思えるのが、7つの機能を発揮するということで、アイクリームは必要ありません。しっかりハリ感を感じ、まぶたのたるみが少し解消されました。これには感動しましたよ。

デメリット

  • 少しベタつく
  • ひとつでは保湿力が足りない
  • 時短・節約にはならない
  • ビタミンCが刺激になることも

肌にのせた直後はベタつきを感じます。ゆっくり肌に浸透させていくと、ベタつきは少なくなりますが、口コミで見られる「サラッとしている」とは思えません。

乾燥肌の切ないところですかね。ひとつでは乾燥を感じます。

乾燥を感じるため、結局はいつもどおりのスキンケアになり、時短・節約にはなりません。

高濃度なビタミンCは、肌が弱い方には刺激になることがあるようです。ピリピリ刺激を感じたり、肌が荒れたりすることもあります。

 

まとめ・評価

乾燥肌には、VC100ゲルだけで完璧に保湿することは難しく、時短や節約にはなりません。しかし、ハリや透明感、毛穴には効果を期待できます

年齢を重ねることで、肌のたるみが他の肌悩みを目立たせてしまうことがわかりました。それを防ぐために、エイジング効果のあるVC100ゲルをうまく取り入れ、美肌を目指してみてはいかがでしょうか。

まめこ
わたしの評価は・・・【★★☆☆☆
効果には期待できるけど、もう少し保湿力が欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました